ボルトン中田英寿、背番号「16」

セリエ Aのフィオレンティナから、プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCへ 1年間の期限付きで移籍した中田英寿。
2005年 8月18日、当地のリーボック・スタジアムで記者会見し、背番号「16」に決まった。

中田英は通訳を介さずに英語で質問に応じた。
「ワンダラーズ(ボルトンの愛称)のメンバーとなれてうれしい。1日も早くプレーしたい。」
「適応するのに時間はかからない。プレミアと同じようにタフなイタリアで7年間やってきて、プレーする準備はできている。」

地元記者が驚く英語力−中田英入団会見
イタリア語を流ちょうに話すことで知られる中田英だが、英語も地元記者を驚かせる力量だった。
デーリー・テレグラフ紙の記者は「英語がうまいので驚いた。静かで抑えめだが、とてもプロフェッショナルだった」と印象を語った。
ただ出席した日本メディアからの質問も英語に限られ、記者会見では日本人同士が英語でやりとり。
「今後も日本語は使わないのか」との質問に「自分たちがどこにいるかを考えなければいけない」と応じ、将来も英語だけを通す意向を示した。
(共同)


中田 背番号16「すぽると」での記者会見での放送を見たが、英語での受け答えに感心した。
白いシャツに黒いジャケットで姿を現した中田は「Piease excuse my poor English. (英語があまり上手でないことを許してください)」と切り出した。
地元記者の質問に「Sorry.(すいません)」と聞き返す場面は 3度、イタリア語ほど流ちょうに話すことは出来ないが、それでも一人で対応した。
クラブ移籍後、早くチームに溶け込むためには、やはり語学力は必要。
そのハンディが少ないということは、選手同士の連携、指示など対戦中でもメリットが大きいと思う。
ボルトン・ワンダラーズFCの中田英寿、背番号「16」
背番号「 7」は、たしかギリシャ代表のジャンナコプロースが付けていた様な・・・。
やはり、背番号「 7」にこだわる中田、ボローニャ移籍時と同じく「1+6=7」といった感じでしょうか。

(1995〜1998)ベルマーレ平塚、背番号「13」背番号「 7」
(1998〜2000)ACペルージャ、背番号「 7」
(2000〜2001)ASローマ、背番号「 8」
(2001〜2003)ACパルマ、背番号「10」
(2003〜2004)ボローニャ、背番号「16」
(2004〜2005)フィオレンティーナ、背番号「10」、2005年シーズン背番号「7」
(2005〜)ボルトン・ワンダラーズFC、背番号「16」
※しっかりと確認していないため、間違っているかも・・・。


サッカー界の背番号「7」
世界的に右MFがつけることが多く、近年は背番号「10」に次ぐエースナンバーとされる。
英国ではマンUの元イングランド代表MFロブソン、同元フランス代表MFカントナらの影響で背番号「7」がエース番号とされる傾向が強い。
マンUではベッカムの移籍に伴い、C・ロナウドが引き継いで話題に。
日本代表ではMF中田英の定番で、フィオレンティーナでは背番号「10」だが本来は背番号「7」好き。
ボローニャ移籍時の背番号「16」「1+6=7」が理由だった。
ただ、イタリアでは中心選手が背番号「7」をつける慣習はない。


中田英寿の日本代表デビューは、1997年 5月21日の韓国戦で、当時MF本田(鹿島)が背番号「 7」、中田英寿の背番号が「 8」
98年フランス W杯の時も中田英寿は背番号「 8」で出場。
中田英寿、背番号「 7」の初戦は2000年 4月26日の韓国戦で、それ以来 1試合だけ「27」をつけた以外は30試合背番号「 7」で出場。
ジーコ監督、日本サッカー協会は、中田が代表を離脱していた約 1年の間、背番号「 7」を誰にもつけさせず温存していた経緯があったり・・・。
やはり、中田の周りの人や日本サッカー協会、日本のファンも、背番号「 7」は中田英寿と分かっていると思う。


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧

ヒデは凄いですね。
イタリア語もこなし英語まで・・・。
世界を目指すなら語学は必要ですね。
グランドの中には通訳はいませんからね。
コミュニケーションをとる意味でも必要です。
ましてやヒデは司令塔を目指すプレーヤー。
それにしても英語をマスターしているとは恐れ入りました。
Posted by ひとり at 2005年08月19日 17:02

毎度はTB誠に有り難う御座います。
ヒデはファッションから英語から何から何までカッコ良いですよね。
また「芸能&スポーツ瓦版」にお越し下さいませ。
Posted by 芸能&スポーツ瓦版 at 2005年08月19日 20:16

>ひとりさん
>芸能&スポーツ瓦版さん
コメント&TB、ありがとうございます。
ヒデの語学力には凄いと言うしかありません。
サッカーには言葉はいらないとも言いますが、それでも連携や指示をする事を考えたら、言葉は大事でしょうね。
ヒデの今後に期待ですね。
Posted by オレンジ14 at 2005年08月21日 18:25
トラックバック
この記事へのTrackBack URL


※トラックバックをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※トラックバックは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いTB、TBスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
トラックバック一覧

中田ボルトン入団会見
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版 at 2005年08月19日 15:34

【サッカー】中田が入団会見 背番号は16
Weblog: すぽろぐ at 2005年08月20日 01:03

中田英寿、ボルトンで入団記者会見!。
Weblog: FANTASISTA NOW! at 2005年08月20日 01:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。