東アジアサッカー選手権大会2005 北朝鮮×日本

EAFF第 2回東アジアサッカー選手権大会2005

対戦国:北朝鮮×日本
日時:2005年 7月31日(日)19:30キックオフ
会場:韓国、大田(デジョン)

■試合結果
北朝鮮×日本( 1−0 )

■得点者
【北朝鮮】キム・ヨンジュン(前半27分)

■日本代表の出場メンバー
GK:23川口能活
DF:2田中誠→19本山雅志(後半0分)、5宮本恒靖(cap)、22中澤佑二
MF:21加地亮、15福西崇史、4遠藤保仁→9巻誠一郎(後半32分)、14三都主アレサンドロ、8小笠原満男
FW:28玉田圭司→27田中達也(後半22分)、16大黒将志

サブ:1楢崎正剛、12土肥洋一、3茶野隆行、20坪井慶介、29茂庭照幸、17駒野友一、25村井慎二、30阿部勇樹、26今野泰幸

監督:ジーコ監督

■北朝鮮代表の出場メンバー
GK:23キム・ミョンギル
DF:14ハン・ソンチョル、16ナム・ソンチョル、2チャ・ジョンヒョク、20パク・チョルジン、5ソ・ヒョクチョル
MF:15 キム・ヨンジュン(cap)、7キム・チョルホ、8リ・ハンジェ→18キム・ソンチョル(前半23分)
FW:9キム・ミョンチョル→19チェ・アンチョン(後半10分)、25パク・ソングァン→10アン・ジョンホ(後半27分)

サブ:1リ・ミョンドク、3ハン・ミンチョル、11ハン・スンイル、22アン・チョルヒョク、12リ・ヨングァン

監督:キム・ミョンソン監督


前半27分、小笠原のバックパスを奪い、日本の Pエリアへ攻め立てる。中澤のクリアが直接相手に渡り中央にパス、キム・ヨンジュンが強烈なシュート、ゴール!
日本代表は、北朝鮮代表と対戦し、1-0 で敗戦。


7月31日(日)から 8月 7日(日)まで、韓国南部の 3都市で「東アジアサッカー選手権2005決勝大会」が開催されます。
出場は、日本、韓国、中国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)。
それぞれの国が男女のナショナルチームを出し、総当たりで優勝が争われます。
同時に、男女の総勝ち点で「総合優勝」も争われます。
画期的な大会と言っていいでしょう。

東アジア選手権は、東アジアサッカー連盟(East Asian Football Federation=EAFF)が 2年にいちど開催する地区選手権です。

引用:Soccer Click

日本で開かれたEAFF第 1回東アジアサッカー選手権大会での優勝は、韓国。 大会決勝、優勝をかけて日本と韓国の直接対決になり、得失点差で劣る日本が立ち上がりの退場で10人になりながら圧倒的な攻勢をかけたものの、結局0-0で逃げ切られ韓国が優勝。

EAFF第2回東アジアサッカー選手権大会2005、決勝大会の出場チームは 4チーム。
3チームの日本、韓国、中国はシードされ、残りの 1つの座をそのほかのEAFF加盟国が争いました。
今年 3月に行われた予選大会で、初出場(2003年大会は不参加)の北朝鮮が 4戦全勝、得点31、失点 0という圧倒的な強さを見せて優勝し、残り枠の 1チームに。

第 2回東アジアサッカー選手権大会2005では、日本代表はどの程度やってくれるのか・・・。
韓国の大田(デジョン)で行われた試合、北朝鮮×日本。
試合結果は、1−0で敗戦。
コンフェデ・ドイツ2005で予選敗退したものの、日本代表の最終戦 6月22日のブラジル戦では素晴らしい戦いぶりをしてくれました。
それから、1ヶ月間空けての試合、言葉ならない試合ぶりでした。
「ふがいない!」
勝つという気迫が感じられない試合でした。
前半27分、Pエリア内でのDF中沢のクリアミスから、先制を許してしまった。
点を取り返す時間は十分にあったが、しかし・・・。
後半終了間際になって、攻める日本・・・、攻める時間帯が違う!
なぜ始めから全力で攻めないのか?

「正直、今のこのチームでは本大会を勝ち抜ける力はまだない。」
「W杯出場権獲得は通過点。(本大会を)勝ち抜くためには個人がこの 1年でレベルアップしなくては。日本にとって 3度目の W杯は初めて前を向くための大会。」
日本が2006年 W杯予選突破後、帰国会見場での中田英寿のコメント。

前回の記事でも書いたが、「個」の重要性を訴えた中田。
この試合では「個」どころか、「組織」まで良い部分が観ることが出来なかった。
もう一度、選手達にこの言葉の意味を考えて欲しい。
海外組み論が出そうだが、今は国内組みでの試合。
アジア王者のプライドを!

東アジアサッカー連盟 公式サイト - EAST ASIAN FOOTBALL FEDERATION


2005年08月02日 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日本A代表
コメント一覧

会社からのPCで返事したんですが・・・、入ってない様で遅くなりました。
”中沢”らしくないクリアミスでしたね。
普段なら頼りになるDFなのに。
何故もっと大きくクリアしなかったのか。
北朝鮮の選手は足をつりながら、勝ちたいと言う気持ちがにじみ出ていて、日本選手よりも気迫の面で上回っていた様な気がしました。
凛さんからフットボールバトンが廻ってきましたので遅らせて頂きます。
ご迷惑でしたら、無視して下さい。
1.あなたの持っているサッカービデオ(DVD&VHS)の数
2.今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)
3.印象に残っているゴール
4.好きな、または特別思い入れのある選手5人
5.バトンを廻す1〜5名
Posted by mic at 2005年08月05日 01:54

オレンジ14さん、こんばんは!
トラバありがとうございました。
韓国戦はどんな面子か、楽しみですね♪
Posted by nmf at 2005年08月05日 18:52

>micさん
コメント&TB、ありがとうございます。
確かに中沢らしくないクリアミスでしたね。
「まぁ、この 1点の失点ぐらいしょうがない、点を獲ればいいんだから。」と思って観ていたのですが・・・、結果は敗戦。

>nmfさん
コメント&TB、ありがとうございます。
韓国、何とか勝ったみたいですね。
Posted by オレンジ14 at 2005年08月09日 03:17
トラックバック
トラックバック一覧

【東アジア選手権】北朝鮮 1-0 日本
Weblog: nmf日記 at 2005年08月05日 18:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。