国際親善試合 ヴィッセル神戸×ボルトン・ワンダラーズFC

2005年7月26日(火)、プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCヴィッセル神戸が国際親善試合を行った。
試合結果は、ボルトン・ワンダラーズFCヴィッセル神戸と 1−1で引き分け。

後半 6分、右クロス、北本が頭で押し込み、ゴール!
後半18分、FWディウフがヘディングシュート、ゴール!


J2の横浜Cへ移籍する元日本代表FW三浦知良は、4年半在籍した神戸で最後の試合。
先発出場で前半から積極的にゴールを狙ったが、得点はなく後半終盤に交代で退いた。
神戸はこの試合を最後にJ2横浜FCへ移籍する三浦知良が先発出場。
後半39分に交代したが、前半は積極的なシュートでスタンドを沸かせた。
「大好きな神戸ありがとう!」と神戸最後の言葉を残した。
年齢38歳 5カ月、「キング」はまだ走り続ける。

昨日のレアルの試合で、ベッカムへの唾吐きでスペイン国内に限らず超クラックになった戸田。
戸田以上に、唾吐きでその名を世界に知らしめたディウフ。
今回は点を獲ってオシマイだったのか・・・。

レアル繋がりで行くと、レアルで戦力外通告を受けボルトンに移籍したイバン・カンポ。
レアルの一時代をイエロと築いた?カンポ。
当時、ミスをした時のカンポ叩きは凄かったみたい、スペイン人なのに・・・。
ボルトンに移籍後、ビッグクラブからの重圧から逃れたのか新天地で大活躍!
そしてプレミア2004/2005シーズンは、7位のボルトン
プレミアリーグで成功した?するであろうスペイン人になるか、イバン・カンポ。

ついでにボルトンと言えば、かつてFW西澤が在籍していた・・・。
活躍出来ずにセレッソ大阪に戻ってきたけど。
どうせならボルトンとセレッソ大阪の試合が観たかった・・・。

ボルトンは28日に川崎・等々力陸上競技場で、J1の川崎と対戦する。


コメント一覧
トラックバック
トラックバック一覧

バベルの塔を建てたのは節義
Weblog: 恵比寿法律新聞 at 2005年07月28日 15:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。