国際親善試合 東京ヴェルディ1969×レアル・マドリードC.F.

2005年7月25日(月)、スペインリーグのスター軍団レアル・マドリードC.F.と東京ヴェルディ1969と国際親善試合を行った。
試合結果は、東京ヴェルディ1969がレアル・マドリードC.F.に 3−0で勝利した。

『Life CARD CUP レアルマドリード ワールドツアー2005 イン ジャパン』

■レアルの出場メンバー
GK:1カシージャス
DF:2サルガド→21ディオゴ(後半17分)、4ロベカル、6エルゲラ、22パヴォン
MF:5ジダン→14グティ(前半33分)、16グラヴェセン→12ガルシア(後半 8分)、23ベッカム→ 8ルベン(後半12分)
FW:7ラウール→10フィーゴ(後半12分)、9ロナウド→17ソルダード(後半21分)、11オーウェン

サブ
DF:13 ディエゴ・ロペス、25サンチェス
DF:4 アルバロ・アルベロア、21ディオゴ
MF:8 ルベン、10フィーゴ、12パブロ・ガルシア、14グティ、19ホセ・フラード、20ファンフラン
FW:17ソルダード

■東京ヴェルディの出場メンバー
GK:21高木義成
DF:5米山篤志→22平野(HT)、3戸川健太、19上村健一、7相馬崇人
MF:2山田卓也、6戸田和幸→31文(後半36分)、4林健太郎、8小林大悟→33玉乃(後半27分)
FW:9ワシントン→17森本(後半32分)、11平本一樹→10ジウ(後半14分)

サブ
GK:1水原大樹
DF:20李康珍
MF:10ジウ、22平野孝、23小野雄平、33玉乃淳
FW:15町田忠道、17森本貴幸、31文濟天

前半 6分、グラベセンにわずかにボールが当たるが林のスルーパスが通る、小林大がシュート、ゴール!
前半26分、山田のパス、ワシントンがシュート、ゴール!
後半 8分、CK、山田がヘディングシュート、ゴール!


東京ヴェルディ1969の勝利で試合が終わりました。結果は 3−0。

レアル・マドリードが、日本チームに初めて敗れる。
対戦相手はJリーグで、ここ 6試合で26失点と守備が崩壊し不振を極めている東京ヴェルディ1969。
当然、ジダン、ロナウド、ラウル、ベッカムらがいるスーパースター集団が何点獲るのか、どんなプレーを魅せてくれるのかと期待したのだが・・・。
「銀河系軍団」レアル・マドリードが、一方的に失点を重ねる予想外の展開となった試合だった。
結果は予想を覆しての東京ヴェルディの大量 3得点での勝利に終わった。
海外遠征の疲れからなのか、レアル選手の動きも重く、試合は東京ヴェルディペースだった。
時折、ロナウドの個人技やベッカム、ロベカルのシュートシーンもあったが・・・。
東京ヴェルディDF陣の前に、華麗なパス回しは打ち消されていた。
ただ、途中出場のフィーゴの動きは良かった。
見せ場を作り、終了間際には得意のドリブルでマークをかわし、決定的なチャンスをお膳立てした場面もあった。
この敗戦から当然立て直してくるはずのレアル・マドリード、次の試合ではどんなプレーが観られるのか、楽しみだ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。