ロナウジーニョ、バルサと約200億円の契約

ロナウジーニョ、バルサと約200億円の契約
ロナウジーニョは、FCバルセロナと約200億円の契約をした。



【マドリード(スペイン) 7日=AP】
ブラジル代表FWロナウジーニョ(25)が2005年 7月 6日、所属するFCバルセロナと史上最高の総額 1億5000万ユーロ(約200億万円)の契約に合意した。
ロナウジーニョの代理人の実兄、ロベルト・デ・アシス氏とバルセロナのラポルタ会長が同日、5年契約を結ぶことに合意。
さらに 4年のオプション付きで、実行されれば同選手が34歳になる2014年まで、異例の 9年間にわたる“生涯契約”となる。
2005年 7月 7日、スペイン通信が報じた。

スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は、年俸が650万ユーロ(約 8億8000万円)に上がると伝えた。
さらに初年度が年間400万ユーロ(約 5億3200万円)で、出場試合数、獲得タイトル数によって変動する出来高給が加わる。

ロナウジーニョは昨季、35試合出場、9得点、4アシストで 6年ぶりのリーグ制覇に貢献。
FWエトー、MFデコ、MFシャビ、そしてFWメッシとDFダミアのルーキー 2人も2010年までの契約延長が決定。
ライカールト監督とDFプジョル主将も近日中に2010年までの契約を結ぶ見込みで、Vメンバーの流出を防ぎ、盤石の体制を整えた。


34歳までの生涯契約で約200億万円・・・、凄い契約です。
恐るべし、ロナウジーニョ!
6年ぶりのリーグ制覇の影響?で、その他の選手とも2010年までの契約延長ってな感じ。
しかも監督のライカールトまで・・・、本当に大丈夫かな。
もし、バルサが調子が悪くなったら・・・、不安だ。
でも、そんな私の不安を吹き飛ばすような試合を、来シーズンも見せてくれるはず!

クライフ監督が築いた90年代前半の「バルサ黄金期」
ファンハール監督を経て脈々とつながるオランダ人監督の系譜。
そして、ライカールト監督・・・、果たして「新・バルサ黄金期」が来るのか!?
トータルフットボール』をバルサで今一度観て見たい!


2005年07月09日 | Comment(2) | TrackBack(1) | FCバルセロナ
コメント一覧

ロナウジーニョはすごいですね。
コンフェデ杯日本戦でもレベルの違いを感じました。
Posted by サッカーステーション at 2005年07月10日 01:11

>サッカーステーションさん
コメントありがとうございます。
今後もロニーの活躍が楽しみですね。
Posted by オレンジ14 at 2005年07月11日 20:28
トラックバック
トラックバック一覧

お待たせ!ロナウジーニョのVCD/DVD!
Weblog: インポート・ファイブ at 2005年07月11日 17:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。