FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 ドイツ×メキシコ

FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 3位決定戦

対戦国:ドイツ×メキシコ
日時:2005年 6月29日(水)18:00(現地時間)キックオフ
会場:ドイツ・ライプチヒ、ツェントラル・シュタディオン

■試合結果
ドイツ×メキシコ( 4−3 )

■得点者
【ドイツ】ポドルスキー(前半37分)
【メキシコ】フォンセカ(前半40分)
【ドイツ】シュバインシュタイガー(前半41分)
【メキシコ】ボルヘッティ(後半58分)
【ドイツ】フート(後半79分)
【メキシコ】ボルヘッティ(後半85分)
【ドイツ】バラック(延長前半97分FK)

■ドイツの出場メンバー
GK:カーン
DF:ヒンケル、メルテザッカー、フート、シュナイダー
MF:フリンクス、ダイスラー→アザモア(後半67分)、シュバインシュタイガー→エルンスト(後半83分)、バラック(cap)
FW:ハーンケ、ポドルスキー→クラニー(後半74分)

監督:監督

■メキシコの出場メンバー
GK:サンチェス
DF:オソリオ、サルシド、メンデス→メディーナ(後半58分)、ピネダ
MF:ペレス、パルド、モラレス→マルケス(後半81分)、ジーニャ
FW:フォンセカ→ロドリゲス(後半46分)、ボルヘッティ

監督:監督


前半37分、MFダイスラーからのパス、MFシュバインシュタイガーがヒールパス、FWポドルスキーがシュート、ゴール!
前半40分、ドイツのMFフリンクスの軽率なプレーを突き、走りこんできたMFジーニャがボールを奪いパス、FWフォンセカがシュート、ゴール!
前半41分、ドイツのDFヒンケルのお膳立てのパス、MFシュバインシュタイガーがシュート、ゴール!
前半は 2-1で終了。

後半 9分、セットプレーの際にゴール前で小競り合いを起こしていたFWハーンケが、直後のラフプレーで一発退場。
後半13分、メキシコのCK、FWボルヘッティがヘディングシュート、ゴール!
後半79分、ドイツCK、DFフートのシュート、ゴール!
後半85分、メキシコのFK、FWボルヘッティがヘディングシュート、ゴール!
後半は 3-3で終了。

延長前半、ドイツのFK、MFバラックが 5枚の壁の上を越すFKシュート、ゴール!
試合終了。

ライプツィヒのツェントラル・シュタディオンに詰め掛けた 4万3335人の大観衆。
コンフェデ 3位決定戦は、点の取り合いとなり面白い試合となった。
FWハーンケの退場後66分もの間、10人での戦いを強いられたドイツ。
この厳しい判定に、会場から激しいブーイングが・・・。
しかし人数が減っても伝統的な守備の強さを見せ、攻撃では勝利への気持ちを前面に出した勝負強さを披露した。
そして、最後は決めるべき人、マン・オブ・ザ・マッチに輝いたMFバラックの一発で、ドイツを今大会 3位の座に導いた。
メキシコも点を獲られてもすぐに追いつく展開で、FWボルヘッティの活躍は素晴らしかった。
ここまでの 4試合で最少 2失点と堅守を誇っていたメキシコは、最多の11得点を挙げていたドイツの前に敗れた。


2005年06月30日 | FIFA コンフェデ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。