FIFAワールドユース2005、オランダ×日本で!

20歳以下の代表が争うFIFAワールドユース2005が開幕しました。
今大会はオランダでの開催。
6月10日からグループリーグ予選が始まり、7月 2日の決勝に向けて、出場各国が目指します。

当然U-20日本代表も出場。
オランダ、ベナン、オランダ、日本でグループAを戦います。
ホスト国のオランダ、フィジカルに優れたベナン、そして大会の常連オーストラリアと、日本が組み込まれたグループA。
日本の初戦は、若年層の育成で世界的に定評がある開催国・オランダで、10代で A代表も当然というお国柄。
オランダ×日本は、6月10日(金)20:00(現地時間)に行われました。


私はこの試合を観るため、深夜に頑張ってTV画面を見つめていました。
しかし一気に目が覚めました!
オランダU-20代表の 7番クインシー・オウス・アベイ!
この選手は凄い!強い!速い!(動画はこちら)
私にとって強烈なインパクトでした!
TBSの放送で観ていたのですが、水沼さんに極楽とんぼの加藤さんも「クインシー!クインシー!」って、叫んでいました。
たぶんこの試合を観ていた人も記憶にこびりついたでしょう。
前半 1分、左サイドからFWクインシーがドリブル突・、日本DFがスライディングカット。
前半 3分、左サイドからFWクインシーがドリブルで 2人を抜きクロス、DF水本がヘディングクリア。
前半 7分、左サイドからFWクインシーがスルーパス、走り込んできたFWバベルがヒールパス、MFアフェライがシュート、ゴール!
前半15分、左サイドをFWクインシーが 2人を抜き去りにしてドリブル突・し低いクロス、日本DFがクリア。
前半18分、カウンターから、FWクインシーが一気に左サイドをドリブル突・!
ものすごいスピードで日本DFを置き去りにし、ゴール前に低いクロス、FWバベルがシュート、ゴール!
前半30分、左サイドのFWクインシ−がPエリアに切り込んでパス、FWフィンケンがシュート、GK西川がセーブ。
前半42分、日本はMF苔口に代えて、FWカレン・ロバートを投入。
前半45分、FWカレンがボールを獲りミドルシュート、GKフェルメールが止める。
前半終了

後半 9分、カウンターから左サイドをFWクインシーがドリブルで縦に突・しPエリアでパス、中村がスライディングカット。
後半23分、水野がFKで、ゴール前にクロスボール、飛び込んできたFW平山がヘディングシュート、ボールを地面に叩きつけてゴール!
後半31分、FW平山のポストプレー、MF家長がミドルシュート、GKフェルメールが片手で弾く。
後半33分、日本はMF家長に代えて、FW森本を投入。
後半37分、左サイドのFWクインシーがMF中村をかわしてドリブル、そして右足でカーブをかけたシュート、GK西川がセーブ。
後半41分、左サイドからFWクインシーがドリブルで中央へ突・、Pエリア内から左足のシュート、GK西川がセーブ。
後半45分、こぼれ球を拾ったDF増嶋が前線にクロス、Pエリアで受けたFWカレンがシュート、ゴール上に外れる。
後半45分+2、混戦中から抜け出したFW森本がシュート、GKフェルメールがセーブ。
試合終了。

結果:オランダ×日本( 2-1 )

クインシーのドリブル突・にまったく歯が立たない日本・・・。
MF中村、DF柳楽が 2人がかりで押さえに行くもスピードとテクニックで簡単にかわされてしまう・・・。
前半は完全にオランダの支配下、ボールキープ率も7:3と表示・・・。
オランダ選手の個人の能力に、日本組織が対応出来ていない状態でした。
なかでも、クインシーのテクニックとスピードにまったく歯が立たない日本。
日本の右サイドは、もう決壊!
「下手したら、日本A代表でも厳しいのでは・・・。」と私はちょっと思いました。
しかし、後半は日本も落ち着きを取り戻し、攻めるシーンが増えました。
特に、平山のヘディングは完全にオランダ選手を抑えていました。
カレンや森本も決定機をつかみましたが、惜しくもゴールを奪うには至らず。
まだ、クループリーグで 1戦敗れただけです。
決勝トーナメント出場に向けて頑張れ!U-20日本代表!

※ちなみに、大会に臨むU−20日本代表に究極のニンジン作戦が発令されたそうです。
選手団長を務める日本協会の田嶋幸三技術委員長(47)が 9日に合流し、今大会の活躍次第で、W杯ドイツ大会に向けてのA代表入りを、ジーコ監督に推薦するとのことです。


※おまけでクインシーについて軽く調べてみました。
名前:クインシー・オウス・アベイ(Quincy Owusu Abeyie)
生年月日:1986年 4月15日
国:オランダ
ポジション:フォワード
所属クラブ:アーセナル
現在アーセナルの中では凄い選手が多くいるので、まだまだレギュラーは厳しい状態でしょうか。
アンリ、ベルカンプ、ファン・ペルシ、レジェス、リュングベリ、セスクなど、クインシーの周りには多くのライバルがいる状態です。
クインシーは出たくても出れない、ベンゲルも使いたくてもなかなか声が出ないのかな?
注目の選手としてチェックしておいた私・・・。
http://jp.uefa.com/competitions/UCL/Players/Player=74106/
http://jp.uefa.com/competitions/UCL/news/Kind=1/newsId=274833.html


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧
トラックバック
トラックバック一覧

ワールドユース【オランダ2−1日本】
Weblog: nmf日記 at 2005年06月14日 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。