2005年6月4日までのW杯ドイツ ヨーロッパ地区予選の結果

2005年6月4日までのW杯ドイツ ヨーロッパ地区予選の結果

2006 FIFA W杯ドイツ ヨーロッパ地区予選
ドイツは開催国として、W杯大会に出場。
ヨーロッパ出場枠13カ国を目指して、UEFAに加盟する残り51カ国は、予選で争う。
各国は 7カ国が入った3グループと、6カ国の 5グループの合計8グループに振り分けられた。
各グループの 1位と成績の良かった 2位 2カ国が、W杯本大会に出場。
その他の各グループ 2位 6カ国は、ホーム・アンド・アウェー方式のプレーオフを戦い、勝者 3カ国に出場権が与えられる。
予選は、2004年 9月 4日〜2005年10月12日まで行われる。

2005年 6月 4日(土)までの予選結果、各グループの順位は次の様になった。(とりあえず 4位まで)

グループ 1: 1位オランダ  2位チェコ  3位ルーマニア  4位フィンランド
グループ 2: 1位ウクライナ  2位ギリシャ  3位トルコ  4位デンマーク

グループ 3: 1位ポルトガル  2位スロバキア  3位ロシア  4位エストニア
グループ 4: 1位スイス  2位イスラエル  3位アイルランド  4位フランス

グループ 5: 1位イタリア  2位ノルウェー  3位スロベニア  4位ベラルーシ
グループ 6: 1位ポーランド  2位イングランド  3位オーストリア  4位北アイルランド

グループ 7: 1位セルビア・モンテネグロ  2位スペイン  3位リトアニア  4位ベルギー
グループ 8: 1位クロアチア  2位スウェーデン  3位ハンガリー  4位ブルガリア

この結果を見ると、まずフランスが 4位とまさかの位置。
まだ盛り返せる位置なので、間違いが起こらなければ出れると思うが・・・。
私としては、まずオランダとチェコが W杯で観ることが出来れば嬉しいのだが・・・。
なんでユーロ2004と続いて W杯予選も、オランダはチェコと同じグループなったのか・・・、相性がいいのか?
まずはオランダが1位通過して、チェコも応援しようと思うと2位でプレーオフに回ってしまうのか・・・、良い成績を残してくれれば・・・。
グループ 2のウクライナ、シェフチェンコ長年の夢の W杯出場が叶うのか!
ポルトガルはフィーゴが代表に復帰し、6月4日(土)の試合では 2−0でスロバキアに勝利!
試合開始前の時点では、同勝ち点でグループ頂点に並んでいた両国、この試合でポルトガルは単独首位となった。

まだ先が長い?ので、どの国がドイツ W杯に行けるのか楽しみだ。


2005年06月05日 | FIFA ワールドカップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。