エムボマ、引退・・・。

エムボマ、引退・・・。

元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ(34)が、現役引退を発表した。
現在在籍しているヴィッセル神戸が2005年 5月16日(月)に発表、21日(土)のナビスコ杯大宮戦後に引退セレモニー及び記者会見が行われた。


エムボマ パリ・サンジェルマン時代はレンタル移籍などの繰り返しで、大変だったFWエムボマ。
その後、新天地を求めてここ日本のG大阪に移籍する。
1997年に加入した G大阪で、いきなり25ゴールでJリーグ得点王になる。
1998年 6月、フランス W杯でカメルーン代表は 1次予選敗退、FWエムボマは 3試合出場 1得点。
その活躍を認められ、1998年にセリエAのカリアリに移籍。
2000年、シドニー五輪では、オーバーエイジ枠で出場したFWエムボマの活躍等でカメルーン代表優勝
日本代表が五輪から帰国し、オフの G大阪の宮本主将のもとに、試合終了後FWエムボマ本人から喜びを報告する留守番電話が入ったという。
この年に、FWエムボマはアフリカ最優秀選手になる。

エムボマと中田 2000年にはパルマに移籍。
中田が2001年 7月にパルマ移籍をした時、突然MF中田英寿の所に「俺、エムボマ!」と電話をしてきてMF中田本人がビックリしたという話も。
またパルマ所属時に、レッジーナへの移籍という話もあった。
レッジーナがセリエAに復帰を果たし、2002年 7月一足先に移籍を決定させたMF中村俊輔とのコンビに注目が集まっていたが、この契約が破談。
パルマのルカ・バラルディGMによると、FWエムボマは一身上の都合からこの移籍話を断ったという。
2002年 6月、日韓 W杯中津江村にカメルーン代表が来日する。
FWエムボマの「うどんがない!」発言など、日本でカメルーンブームが起きた。
残念ながらカメルーン代表は 1次予選敗退、FWエムボマは 3試合出場 1得点だった。
その後、他のクラブを転々として、2003年に東京ヴェルディ1969に移籍。
2004年 8月、ヴィッセル神戸に移籍するが、今季は故障のため出場 4試合で無得点と低迷。
2005年 5月16日、引退を表明。


浪速の黒豹」「ボマちゃん」などの愛称で日本でも慕われていた元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ
多くの日本人がFWエムボマを知ったのは、1997年にG大阪に加入したときでしょう。
あのリフティングからのダイレクトボレーシュート!!
日本人がアフリカンパワー、躍動的なプレー、圧倒的なフィジカルの強さに驚かされた年となりました。
プロ生活の 3分の 1を日本で過ごし、大好物のうどんにめぐり合い、真しな人柄でファンに愛されました。
またワールドクラスの名選手が 1人引退するのを目にすると寂しさを感じます。
今後は、カメルーン代表の支援を担うほか、代理人資格の取得を目指すとのことです。
本当にお疲れ様でした。

FWパトリック・エムボマ選手現役引退のお知らせ
播戸竜二公式サイト 日記


2005年05月22日 | TrackBack(1) | サッカー
トラックバック
トラックバック一覧

エムボマ引退(´・ω・`)
Weblog: 機械仕掛けのバレンシア at 2005年05月22日 21:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。