2004/2005欧州CL 準決勝 第2戦 リヴァプール×チェルシー

2004/2005欧州CL 準決勝 第2戦 リヴァプール×チェルシー

2004/2005欧州CL準決勝 第2戦 リヴァプール×チェルシー (1−0)
場所アンフィールド - リバプール

前半 4分、MFリーセがドリブルからパス、MFジェラードが浮き球、FWバロシュの突進をGKチェフが防ぐ。MFガルシアがこぼれ球を押し込み、ゴール!
前半 8分、FWバロッシュが、DFカルバリョにファールでイエローカード。
前半18分、FWディアゴがシュート、ゴール枠外へ外す。
前半26分、MFハマンがシュート、GKチェフがセーブ。
リバプールは後半開始直後も好調であった。

後半48分、MFリーセがシュート、ゴール左に外す。
後半60分、リバプール、FWバロッシュに代えて、FWシセを投入。
後半62分、FWドログバのFKはクロスバーの上を越えた。
後半67分、MFランパードがFK、GKドゥデクがセーブ。
後半68分、チェルシー、FWティアゴに代えてFWケズマンを投入。FWコールに代えてMFロッベンを投入。フォーメーションも4-4-2に変更。
後半73分、リバプール、MFハマンに代えてMFキューウェルを投入。
後半75分、MFロッベンがシュート、ゴール枠外へ。
後半76分、チェルシー、ジェレミに代えてフートを投入。
後半78分、FWシセがヘディングシュート、GKチェフがセーブ。
後半83分、FWドログバがシュート、ゴール枠外へ。
後半84分、リバプール、MFガルシアに代えてMFヌニェスを投入。
後半89分、FWシセがシュート、ゴール枠外へ。
後半90分+4、FWシセがシュート、GKチェフがセーブ。
後半90分+6、絶好のチャンスでMFグジョンセンがシュート、ゴール枠外へ。
リヴァプールが 1−0 で勝利!

リバプールFCが20季ぶりに決勝進出となりました。
FWバロシュを1トップに、MFジェラード、MFガルシア、MFリーセら5選手が中盤から支えるフォーメーション。
第1戦と同じ様に、チェルシーの攻撃を防ぐために中盤を厚くしたベニテス監督の勝利という感じでしょうか。
「チェルシーには、世界で最も高額な選手たちと有能な指揮官がいる。しかし、われわれにも最高のサポーターたちがおり、チェルシーといえども冷静さを保てないだろう。勝負は五分五分だ」
やはり、ホームでの歓声は選手に力を与えるのか。

「プレーするのは、両チームが11人ずつ送り込む選手たち。ファンではない。ロンドンから北上する際、二つの目標を立ててきた。まず、リーグ王者の栄冠を手に帰ること。そしてチャンピオンズリーグの決勝(進出)を決めて帰ることだ。その一つ目は達成できた。残る一つは、見てのお楽しみだ」 モウリーニョ監督は、この言葉を実現することは出来なかった。
昨季のFCポルトに続く2季連続の優勝を狙ったチェルシーのジョゼ・モウリーニョ、残念!

リバプールFC決勝 5月25日のトルコイスタンブールへ!



トラックバック
トラックバック一覧

欧州チャンピオンズ・リーグ。
Weblog: ☆。°。pixyworld 。°。☆ at 2005年05月05日 19:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。