ヌワンコ・カヌ

ヌワンコ・カヌ

ヌアンコ・カヌ ヌワンコ・カヌ
Nwankwo Kanu
フルネーム
ヌワンコ・クリスチャン・カヌ
Nwankwo Christian Kanu

ニックネーム パピリオ
国籍     ナイジェリア(NGA)
出身地    ナイジェリア・イモ州・オウェリ
生年月日   1976年 8月 1日
ポジション  FW・MF
身長・体重  197cm・80kg
代表デビュー 1994/5/5

所属クラブ
1991-1992 フェド・ワークス
1992-1993 イウアンヤンウ イウアンヤヌー・ナシェナーレ
1993-1996 アヤックス(オランダ)
1996-1998 インテル・ミラノ(イタリア)
1998-2004 アーセナル(イングランド)
2004-   ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(イングランド)


カヌ ●15歳のとき国内クラブでプロデビュー。

●1993年、日本で開催されたFIFA U-17世界選手権で優勝。
カヌは、得点ランキング 2位となる活躍をし、名門アヤックスが注目する。
同年、アヤックスに移籍。
クライファートとのツートップを組んでプレーをする。

●1994年、1993/1994シーズンリーグ優勝。
同年 5月 5日、スウェーデン戦で代表デビュー。
同年 6月のW杯は17才という年齢が障害となり、メンバーに選出されず。
●1995年、1994/1995シーズンリーグ優勝。
同年 5月24日、UEFAチャンピオンズリーグ優勝。
カヌとロベカル アヤックス×ミラン( 1−0 )
当時のアヤックスメンバーは、そうそうたる選手がいた。
FWクライファート、デブール兄弟、MFライカールト、MFダービッツ、MFシードルフ、MFリトマネン、GKファン・デルサール等。
カヌは18歳 6ヶ月で、欧州CL決勝戦に出場し、史上最年少のカップウィナーズになる。
同年11月28日、第16回トヨタカップ優勝により、クラブ世界チャンピョンとなる。
アヤックス×グレミオ( 0−0 PK4―3 )
●1996年、1995/1996シーズンリーグ優勝。
同年 5月22日、UEFAチャンピオンズリーグ準優勝。
ユベントス×アヤックス( 1−1 PK4−2 )
同年、アトランタオリンピックでナイジェリアが優勝。
準決勝でカヌの 2得点で、ブラジルを 4-3 で下し、決勝でアルゼンチンを破る。
同年、アフリカ年間最優秀選手(CAF)に輝く。

インテル カヌ ●1996年、セリエA、インテル・ミラノに巨額オファーで移籍。
移籍時のメディカルチェックで、カヌが心臓病、心臓弁膜症であることが発覚。
イタリアで最も有名な心臓の専門医3人の検査を受けた。
「走る事ができるようになる可能性は有るが、サッカーをする事など論外。」と引退宣告される。
しかし、彼は専門家の意見を聞き入れなかった。
同年11月28日、アメリカのオハイオ州クリーブランド病院で、4時間半にわたる心臓切開手術を受ける。
カヌは、必死にリハビリに励んだ。
●1998年 2月 9日、アウェーのフィオレンティーナ戦で奇跡の現役復帰。
5分間の出場ながらピッチ上へ復帰を果たした。
「僕には、神から授かった才能があることを分かっていた。再びその才能を世に知らしめるチャンスが来ることも知っていた。」
その 1ケ月後、アタランタ戦にてセリエA初得点を記録。
同年 6月、W杯ナイジェリア代表として出場。
復帰直後という事もあり、活躍には至らず、ベスト16。
こうしてピッチでのプレーを披露したが、インテル関係者は彼の健康状態に懐疑的な態度を示し、プレー機会が減る。
第一線での復帰を望んだカヌーは、移籍を決意。
結局インテルでの 3シーズンは、12試合出場 1得点という結果に終わる。

アーセナル カヌ ●1999年 1月、プレミアリーグのアーセナルに300万ポンドで移籍。
ベンゲル監督から高い評価を受けてのラブコールだった。
同年、アフリカ年間最優秀選手(CAF)に輝く。
同年、カヌは、ヌワンコ・カヌ心臓病基金(Kanu Nwankwo Heart Foundation)を設立。
「僕は、心臓病の痛みと苦しみを経験した。心臓病基金の設立は、心臓病減少・撲滅のために、僕ができるせめてものことなんだ。」
カヌは、チャリティーマッチを開催するなどボランティア活動に熱心である。
●2002年、2001/2002シーズンリーグ優勝、FAカップ2冠に貢献。
同年 6月、W杯ナイジェリア代表として出場。
25才で挑んだW杯、初戦アルゼンチン戦での負傷が響き、グループリーグ敗退。
国内リーグ無敗優勝という素晴らしい記録を達成。
●2004年、アーセナルを自由契約となる。
当時アーセナルは、カヌのほか16選手の退団の解雇を発表した。
アーセナルでは198試合で44ゴールを挙げた。

●2004年、プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)に移籍。
アーセナルを自由契約で、移籍金なし 3年契約での移籍となる。
現在、稲本潤一と同じチームでプレーしている。
稲本がWBAでの初記者会見の時、カヌが「行ってこい」と後押ししたとの事。
FWでありながら、背番号「4」を好んで付けている。
今後に期待。


2005年05月03日 | コリ ギャラリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。