第三国で無観客での開催決定

第三国で無観客での開催決定

FIFAが北朝鮮代表に対して、第三国での無観客試合の開催決定した。

国際サッカー連盟(FIFA)は2005年4月29日、チューリヒで規律委員会を開き、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の北朝鮮×イラン戦(3月30日、平壌)で観客が暴徒化するなどの混乱が生じた問題で、北朝鮮に対し、ホーム主催試合の開催権はく奪と観客の入場禁止処分という重い処分を決定した。
これにより、北朝鮮で次に予定されていた同最終予選の北朝鮮×日本戦(6月8日)は第3国の中立地で無観客で実施されることが決まった。
引用(スポーツナビ)

TVとか見ていると、無観客という事をやたら強調して報道している様に思う。
でも、ヨーロッパでは結構、無観客試合というのは普通にある。
ついこの前の試合、欧州CL 2戦インテル×ACミランでの観客の行動で似た様な処分も出ている。
ヨーロッパのクラブチームは比較的慣れている?と思う。
しかし、日本代表がこの様な状況化でのプレーは初めて。
選手達の心理状態が悪い方向に行かなければ良いのですが・・・。
「応援があれば嬉しいし、ブーイングならば気合が入る。声援が無いのはどうなんでしょう?試合独特の緊張感が無くなるので・・・。」とコメントする選手もいた。
やはり、W杯予選の熱い声援や緊張感が、選手に影響するのは当然。
また、日本代表を応援するサポーターや旅行会社も今回の決定には戸惑っているよう。
日本人の安全面から考えると良かったのかも?
とりあえず、どんな状況になろうとも日本代表が勝利してくれることを望みます。


コメント一覧

TBありがとうございます。
北朝鮮vsイラン戦は仕事が休みだったのでたまたま見ていたのですが、金日成スタジアムはイスが簡単に取り外せる&売店がないのでペットボトル持込自由なので、ペットボトルやイスがかなり投げ込まれていました。
おまけにイランの記者会見場にまで北朝鮮サポが乱入できる警備の甘さ...
あれでは日本人サポは勿論、選手の身の安全も危ういと実感しました。
Posted by kingsnake at 2005年05月03日 11:21
トラックバック
トラックバック一覧

W杯最終予選北朝鮮戦は第三国で無観客試合
Weblog: かねぴ〜主任の徒然記 at 2005年05月01日 18:33

北朝鮮vs日本 第三国開催で無観客試合
Weblog: Darkside of the Moon at 2005年05月03日 10:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。