2004/2005欧州CL 準々決勝 第2戦

2004/2005欧州CL 準々決勝 第2戦

2004/2005欧州CL 準々決勝 第2戦 インテル×ACミラン
ACミランが1-0でリードしていた73分の時点で中断されちゃいました。
とんでもない展開になってしまいました。

煙!煙!やり過ぎでしょう! 前半30分 決定的なゴールを奪ったシェフチェンコ。
前半33分 キリ・ゴンサレスのシュートはGKジーダが弾き出した。
前半38分 アドリアーノもシュート、ボールはわずかに枠の外へ。
後半50分 アドリアーノが負傷して、マルティンスと交代。
後半52分 マルティンスがシュート、GKジーダが奇跡的にはじき、ボールはポストをたたく。
後半71分 クルスがGKジーダにファウルを犯したとして、カンビアッソのゴールが取り消される。
ここからスタジアムは混乱に包まれるはじめる。
ボトルや発炎筒がグラウンド内に投げ入れられ、試合は後半73分で止まる。
ジーダは肩に物をぶつけられ、マルクス・メルク主審は試合の中断を決定。
10分間の中断のあと、選手たちはグラウンドに戻る。
インテルのサポーターはGKジーダとの交代で入ったGKアッビアーティに物を投げ続ける。
主審はそのまま73分で試合を終えるしかなかった。
欧州連盟は改めてこの試合について裁定を下すそうです。


2004/2005欧州CL 準々決勝 第2戦 バイエルン×チェルシー
チェルシー、ベスト4進出!
序盤から積極的な攻撃を見せたのは、バイエルン。

前半5分 ピサロのシュートは、GKツェフに阻まれる。
前半30分 ランパードのミドルシュートがDFルシオに当たり、ラッキーな形でゴール。
後半65分 バラックのヘッドがGKツェフに弾かれ、ポストの跳ね返りにピサロが詰めて 1-1。
後半80分 カウンターからドログバがヘッドを決め、2-1と再びリード。
後半90分 諦めないバイエルンはゲレーロのゴールで 2-2。
ロスタイム ショルのゴールで、バイエルン 3-2と逆転勝利。

ファーストレグ、4-2でチェルシーの勝利。
セカンドレグ、2-3でバイエルンの勝利。
2試合合計スコア、6-5でチェルシーの勝利。
これでチェルシーは準決勝で、13日のユヴェントス×リヴァプールの勝者と対戦。

ついでに、バイエルンは今シーズン終了後に本拠を新スタジアムに移すため、オリンピア・シュタディオンでのヨーロッパの戦いは、これが最後となりました。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。