2006ワールドカップ 決勝T1回戦 アルゼンチン×メキシコ

2006ワールドカップ 決勝T1回戦 アルゼンチン×メキシコ

対戦国:アルゼンチン×メキシコ
日時:2006年6月24日(土)21:00(現地時間)キックオフ
会場:ドイツ、ライプツィヒ、ツェントラルシュタディオン

argentina 前半1-1
後半0-0
延長前半1-0
延長後半0-0
mexico
FWクレスポ(前半10分)
FWロドリゲス(延長前半8分)
得点 DFマルケス(前半6分)
DFエインセ(前半46分)
DFソリン(延長後半7分)
警告 DFマルケス(後半25分)
DFカストロ(後半37分)
MFトラド(延長後半13分)
FWフォンセカ(延長後半14分)
  退場
51% ボール
支配率
49%
11本 シュート数
12本



argentina mexico
ユニホーム argentina06-hu mexico06-hu
スタメン
&

交代選手
GK:1アボンダンシエリ
DF:2アジャラ
DF:3ソリン(cap)
DF:6エインセ
DF:13スカローニ
MF:5カンビアッソ→MF16アイマール(後半30分)
MF:8マスチェラーノ
MF:10リケルメ
MF:18ロドリゲス
FW:7サビオラ→FW19メッシ(後半39分)
FW:9クレスポ→FW11テベス(後半30分)
GK:1サンチェス
DF:3サルシド
DF:4マルケス(cap)
DF:5オソリオ
DF:15カストロ
DF:16メンデス
DF:18グアルダード→DF14ピネダ(後半22分)
MF:8パルド→MF6トラド(前半38分)
FW:9ボルヘッティ
FW:11モラレス→MF7ジーニャ(後半29分)
FW:17フォンセカ
サブ 12フランコ、23ウスタリ、4コロッチーニ、15ミリート、17クフレ、21ブルディソ、22ゴンザレス、14パラシオ、20クルス
12コロナ、13オチョア、2スアレス、22ロドリゲス、20ガルシア、23ペレス、10フランコ、19ブラボ、21アレジャノ
監督 ペケルマン ラボルペ


2006年6月24日(土)21:00(現地時間)、主審マッシモ・ブサッカ氏の笛で決勝T1回戦 アルゼンチン×メキシコが始まった。

前半、メキシコボールで開始。
前半6分、右サイドからのFKでMFパルドがクロス、ニアに飛び込んだDFカストロがバックヘッド、ファーサイドに走り込んだDFマルケスがシュート、ゴール!
前半10分、MFリケルメが右CKで中央に速いクロス、FWクレスポと競り合ったFWボルヘッティのヘディングクリアでオウンゴールに見えたが、FWクレスポのゴール!
前半25分、Pエリア手前でパスを受けたFWボルヘッティがシュート、GKアボンダンシエリが片手でセーブ。
前半38分、ラボルペ監督はMFパルドに代えて、MFトラドを投入。
前半46分、アルゼンチンGKからのパスを、最終ラインのDFエインセがトラップミス。FWフォンセカがボールをカットしゴールへ向かうが、DFエインセが足をかけて止める。DFエインセに警告で
前半終了。

後半、アルゼンチンボールで開始。
後半12分、右サイドからMFリケルメのFK、FWロドリゲスがダイレクトでボレーシュートをたたきつけたが、GKサンチェスがセーブ。
後半14分、MFリケルメのスルーパス、最終ラインを抜け出たFWサビオラがシュート、GKサンチェスがファインセーブ。
後半22分、ラボルペ監督はDFグアルダードに代えて、DFピネダを投入。
後半25分、DFマルケスに警告で
後半28分、中央から縦にパスを通し、FWフォンセカがPエリア手前からシュート、しかしDFに当たりGKアボンダンシエリが押さえる。
後半29分、ラボルペ監督はFWモラレスに代えて、MFジーニャを投入。
後半30分、ペケルマン監督はFWクレスポに代えて、FWテベスを投入。
後半30分、ペケルマン監督はMFカンビアッソに代えて、MFアイマールを投入。
後半34分、Pエリア手前からFWテベスがMFアイマールとのワンツーでPエリアに抜け出し、角度のないところからシュート、しかしGKサンチェスが押さえる。
後半37分、DFカストロに警告で
後半39分、ペケルマン監督はFWサビオラに代えて、FWメッシを投入。
後半終了。

延長前半、アルゼンチンボールで開始。
延長前半5分、DFマルケスが中央からロングシュート、ゴール右に外れる。
延長前半8分、FWメッシが中盤でパスをさばき、左サイドのDFソリンがアーリークロス、Pエリア右付近のFWロドリゲスが胸でワントラップし左足でボレーシュート、ゴール左上隅に突き刺さりゴール!
延長前半終了。

延長後半、メキシコボールで開始。
延長後半2分、中盤の混戦を抜け出したMFジーニャが中央に切り込み低い弾道のシュート、わずかに右に外れる。
延長後半7分、右サイドからDFオソリオが1対1を仕掛け、フェイントでDFソリンをかわすが、足をかけられて倒される。DFソリンに警告で
延長後半9分、Pエリア手前からFWテベスとFWメッシとMFアイマールが早いパス回しで崩し、最後はFWテベスがゴール前に抜け出たが、GKサンチェスがボールを押さえる。
延長後半13分、MFトラドに警告で
延長後半14分、FWフォンセカに警告で
試合終了、2-1でアルゼンチンの勝利。



2006 ワールドカップ 決勝トーナメント

GL A1位
germany
ドイツ
       
決勝
(7/9 20:00)
ベルリン
オリンピアシュタディオン

?-?
germany-germany
0-0

優勝
germany

準優勝
germany


3位決定戦
(7/8 21:00)
シュツットガルト

?-?
germany-germany
0-0

3位
germany
        GL B1位
england
イングランド
6/24
17:00
2-0
 
GL B2位
sweden
スウェーデン
  6/30
17:00
0-0
  6/25
17:00
0-0
GL A2位
ecuador
エクアドル
   
GL C1位
argentina
アルゼンチン
    7/4
21:00
0-0
7/5
21:00
0-0
7/1
17:00
0-0
  GL D1位
portugal
ポルトガル
6/24
21:00
2-1
6/25
21:00
0-0
GL D2位
mexico
メキシコ
        GL C2位
holland
オランダ
   
GL E1位
italy
イタリア
                GL F1位
brazil
ブラジル
6/26
17:00
0-0
 
GL F2位
australia
オーストラリア
      6/27
17:00
0-0
GL E2位
ghana
ガーナ
   
GL G1位
switzerland
スイス
  6/30
21:00
0-0
    7/1
21:00
0-0
  GL H1位
spain
スペイン
6/26
21:00
0-0
 
GL H2位
ukraine
ウクライナ
      6/27
21:00
0-0
GL G2位
france
フランス
   


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧
トラックバック
トラックバック一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。