2006ワールドカップ 決勝T1回戦 ドイツ×スウェーデン

2006ワールドカップ 決勝T1回戦 ドイツ×スウェーデン

対戦国:ドイツ×スウェーデン
日時:2006年6月24日(土)17:00(現地時間)キックオフ
会場:ドイツ、ミュンヘン、FIFAワールドカップ・スタジアム・ミュンヘン

germany 前半2-0
後半0-0
sweden
FWポドルスキー(前半4分)
FWポドルスキー(前半12分)
得点  
MFフリンクス(前半27分)
警告 DFルチッチ(前半28分)
DFルチッチ(前半35分)
FWヨンソン(後半3分)
FWアルバック(後半33分)
  退場 DFルチッチ(前半35分)
63% ボール
支配率
37%
26本 シュート数
5本



germany sweden
ユニホーム germany06-hu sweden06-hu
スタメン
&

交代選手
GK:1レーマン
DF:3フリードリッヒ
DF:16ラーム
DF:17メルテザッカー
DF:21メツェルダー
MF:7シュバインシュタイガー→MF18ボロブスキー(後半27分)
MF:8フリンクス→MF5ケール(後半40分)
MF:13バラック(cap)
MF:19シュナイダー
FW:11クローゼ
FW:20ポドルスキー→FW10ノイビル(後半29分)
GK:1イサクション
DF:3メルベリ(cap)
DF:4ルチッチ
DF:5エドマン
MF:6リンデロート
MF:7アレクサンデション
MF:9リュングベリ
MF:16カールストレム→DF13ハンション(前半39分)
FW:10イブラヒモビッチ→FW20アルバック(後半27分)
FW:11ラーション
FW:18ヨンソン→MF21ウィルヘルムション(後半7分)
サブ 12カーン、23ヒルデブラント、2ヤンセン、4フート、6ノボトニー、15ヒッツルスペルガー、22オドンコー、9ハーンケ、14アザモア
12アルブベーゲ、23シャーバン、2ニルション、14ステンマン、15スベンソン、8スベンション、19アンデション、17エルマンダー、22ローゼンベリ
監督 クリンスマン ラガーベック


2006年6月24日(土)17:00(現地時間)、主審カルロス・シモン氏の笛で決勝T1回戦 ドイツ×スウェーデンが始まった。

前半、スウェーデンボールで開始。
前半4分、自陣からロングボールを前線に放り込み、FWクローゼがポストとなって落とす。
FWポドルスキーがフォローして後方に戻すと、MFバラックがPエリアへスルーパス。
FWクローゼがDF2人をかわして抜け出すが、GKイサクションが飛び出してセーブ。
こぼれたボールをFWポドルスキーがシュート、相手DFに当たるがゴール!
前半12分、FWポドルスキーがスルーパス、Pエリア手前のFWクローゼがDF3人を引き付けながら中央へパス、走りこんできたFWポドルスキーがシュート、ゴール!
前半18分、左サイドから中央にパス、MFバラックが低い弾道の強烈ミドルシュート、GKイサクションが横っ飛びでセーブ。
再び組み立て直し、左サイドからMFシュバインシュタイガーがクロス、FWクローゼがヘディングシュート、ゴール左に外れる。
前半27分、MFフリンクスがハンドで、
前半28分、DFルチッチがFWクローゼにスライディングし、
前半31分 左サイドのDFラームがドリブルでPエリアに切り込みパス、FWクローゼがDFに囲まれながらシュート、GKイサクションがセーブ。
前半33分、中央からMFフリンクスがロングシュート、GKイサクションが触ってセーブ、CKに。
MFシュナイダーがクロス、クリアされるがこぼれ球をつなぎ、MFシュバインシュタイガーが無回転の強烈ミドルシュート、GKイサクションがわずかに触りゴール左に外れる。
前半35分、DFルチッチがFWクローゼをつかみ、、2枚目の警告で退場
前半39分、ラガーベック監督はMFカールストレムに代えて、DFハンションを投入。
前半40分、中央からPエリアに高いボールを入れると、FWヨンソンがヘッドで落とす。ゴール前のFWイブラヒモビッチがDFメツェルダーを背負いながらトラップして反転後にボレーシュート、GKレーマンがセーブ。
前半42分、左からのクロス、FWイブラヒモビッチとGKレーマンが重なりボールがゴール方向にこぼれるがDFラームがクリア。
前半終了。

後半、ドイツボールで開始。
後半3分、FWヨンソンがMFバラックを後ろから倒して
後半6分、左サイドのFWイブラヒモビッチが2人に囲まれながらも抜け出してPエリア中央にスルーパス、FWラーションがDFメツェルダーに倒されてPKを獲得。
後半7分、ラガーベック監督はFWヨンソンに代えて、MFウィルヘルムションを投入。
後半8分、PKを獲得したスウェーデンのPKキッカーはFWラーション、右足で蹴ったボールはゴール上に外れる。
後半10分、中央からMFバラックが切り返しでDFをかわしてミドルシュート、GKイサクションがわずかに触り、左ポストを直撃。
再びつなぎ直して、もう一度MFバラックがシュート、ゴール右に外れる。
後半17分、DFメルテザッカーの靴が脱げる。おまけでFWラーションがその靴を蹴る。
後半19分、右コーナー付近でFWクローゼがDFの股を抜いて突破し後方にパスを戻す、ゴール前へ低いクロス、スウェーデンDFがクリア。
MFフリンクスが強烈なミドルシュート、DFがブロック。
後半27分、クリンスマン監督はMFシュバインシュタイガーに代えて、MF18ボロブスキーを投入。
後半27分、ラガーベック監督はFWイブラヒモビッチに代えて、FWアルバックを投入。
後半29分、クリンスマン監督はFWポドルスキーに代えて、FWノイビルを投入。
後半33分、FWアルバックがDFを吹っ飛ばして
後半37分、MFバラックが中央からミドルシュート、GKイサクションがセーブ。FWクローゼがヘッドで詰めるが、ゴール上に外れる。
後半39分、右サイドからMFシュナイダー、FWノイビル、FWクローゼと3角形にパスをつなぎ、MFシュナイダーがシュート、右ポストを直撃しゴールの外へ。
後半40分、クリンスマン監督はMFフリンクスに代えて、MF5ケールを投入。
後半42分、左のMFボロブスキーのクロス。PエリアでDFラームが粘り、こぼれたボールをFWノイビルが反転してシュート、GKイサクションがセーブ。
再びボールをつないで、FWクローゼがPエリア手前でシュート、ゴール上に外れる。
後半終了、2-0でドイツの勝利。




2006 ワールドカップ 決勝トーナメント

GL A1位
germany
ドイツ
       
決勝
(7/9 20:00)
ベルリン
オリンピアシュタディオン

?-?
germany-germany
0-0

優勝
germany

準優勝
germany


3位決定戦
(7/8 21:00)
シュツットガルト

?-?
germany-germany
0-0

3位
germany
        GL B1位
england
イングランド
6/24
17:00
2-0
 
GL B2位
sweden
スウェーデン
  6/30
17:00
0-0
  6/25
17:00
0-0
GL A2位
ecuador
エクアドル
   
GL C1位
argentina
アルゼンチン
    7/4
21:00
0-0
7/5
21:00
0-0
7/1
17:00
0-0
  GL D1位
portugal
ポルトガル
6/24
21:00
0-0
6/25
21:00
0-0
GL D2位
mexico
メキシコ
        GL C2位
holland
オランダ
   
GL E1位
italy
イタリア
                GL F1位
brazil
ブラジル
6/26
17:00
0-0
 
GL F2位
australia
オーストラリア
      6/27
17:00
0-0
GL E2位
ghana
ガーナ
   
GL G1位
switzerland
スイス
  6/30
21:00
0-0
    7/1
21:00
0-0
  GL H1位
spain
スペイン
6/26
21:00
0-0
 
GL H2位
ukraine
ウクライナ
      6/27
21:00
0-0
GL G2位
france
フランス
   


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧
トラックバック
トラックバック一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。