2006ワールドカップ グループF オーストラリア×日本

2006ワールドカップ グループF オーストラリア×日本

対戦国:オーストラリア×日本
日時:2006年6月12日(月)15:00(現地時間)キックオフ
会場:ドイツ、カイザースラウテルン、フリッツ・ヴァルター・シュタディオン

■試合結果
オーストラリア×日本( 3−1 )

■得点者
【日本】MF中村俊輔(前半26分)
【オーストラリア】FWケーヒル(後半39分)
【オーストラリア】FWケーヒル(後半44分)
【オーストラリア】FWアロイージ(後半47分)

australiaオーストラリア代表 japan日本代表
ユニホーム australia06-hu japan06-hu
スタメン
&
交代選手
GK:1シュワルツァー
DF:2ニール
DF:3ムーア→FW19ケネディ(後半16分)
DF:14チッパーフィールド
MF:5チュリーナ
MF:7エマートン
MF:13グレッラ
MF:20ウィルクシャー→FW15アロイージ(後半30分)
MF:23ブレシアーノ→MF4ケーヒル(後半8分)
FW:9ヴィドゥカ
FW:10キューウェル
GK:23川口能活
DF:19坪井慶介→DF2茂庭照幸(後半11分)→FW16大黒将志(後半46分)
DF:5宮本恒靖
DF:22中澤佑二
MF:7中田英寿
MF:15福西崇史
MF:3駒野友一
MF:14三都主アレサンドロ
MF:10中村俊輔
FW:9高原直泰
FW:13柳沢敦→MF18小野伸二(後半34分)
サブ 12コビッチ、18カラッチ、6ポポビッチ、16ビューチャンプ、22ミリガン、8スココ、11ラザリディス、21ステルヨフスキー、17トンプソン
1楢崎正剛、12土肥洋一、6中田浩二、21加地亮、4遠藤保仁、8小笠原満男、17稲本潤一、11巻誠一郎、20玉田圭司
監督 ヒディンク ジーコ


2006年6月12日(月)15:00(現地時間)、主審エサム・アブド・エル・ファタフ氏の笛でグループF オーストラリア×日本が始まった。
前半、日本ボールで開始。
前半1分、MF三都主が左サイドからスローイン、MF中村がみクロス。
クリアボールに後ろから走りこんできたMF中田英がフォローするが、タックルで倒されてFK獲得。
Pエリア外左45度位置からMF中村がシュート、壁に跳ね返される。
前半6分、Pエリア内のFWビドゥカがゴールライン際からシュート、GK川口が至近距離で防ぐ。こぼれ玉をFWビドゥカがもう一度シュート、再度GK川口がセーブ。
前半13分、中央をドリブルで進んだMF福西がミドルシュート、ゴール上に外れる。
前半14分、GK川口がクロスボールを弾くが、こぼれ球を拾ったMFブレシアーノがシュート、ゴール上に外れる。
前半22分、MF三都主がドリブルで中央に行きFW高原とスイッチ。FW高原はフェイントでDFをかわしPエリア前中央からシュート、ゴール左に外れる。
前半24分、FWビドゥカがワンタッチでボールをパス、走り込んで来たMFブレシアーノがシュート、GK川口が横っ飛びでセーブ、こぼれたボールをDF中澤がクリアする。
前半26分、右サイドのMF駒野が後方のMF中村へパス。MF中村はDFをかわして左足でクロス。FW柳沢とFW高原がGKシュワルツァーが交錯し、MF中村のクロスがそのままゴール!
前半27分、右サイドのMFキューウェルがドリブルで中央に行き、ミドルシュート、ゴール上に外れる。
前半31分、DF宮本恒靖がで警告。
前半33分、MFグレッラがで警告。
前半40分、FW高原直泰が遅延行為でで警告。
前半41分、ゴールまで約25m右45度の位置からのFK、MFブレシアーノが壁の外側を抜く低いシュート、ゴール横へ外れる。
前半終了

後半、オーストラリアボールで開始。
後半8分、ヒディング監督は、MF23ブレシアーノに代えてMF4ケーヒルを投入。
後半8分、中央からMFエマートンがミドルシュート、ゴール上に外れる。
後半10分、DF坪井が左足を押さえて倒れこみ、自ら×サインを出す。ピッチの外に出される。
後半11分、ジーコ監督は、DF19坪井に代えてDF2茂庭を投入。
後半12分、DF3ムーアがで警告。
後半16分、ヒディング監督は、DF3ムーアに代えてFW19ケネディを投入。
後半23分、スルーパスを受けたFWケネディが日本ゴールに向かう。Pエリアの手前でDF茂庭がスライディングタックルで止める。DF茂庭にで警告。
後半24分、Pエリア外右45度の位置からFK。FWビドゥカが壁の横を抜ける低空弾丸シュート、GK川口が右手1本でセーブ。
後半24分、ケーヒルがで警告。
後半30分、ヒディング監督は、20ウィルクシャーに代えてFW15アロイージを投入。
後半31分、FW高原が相手DF引き付けながらPエリアへ突進、左のFW柳沢へパス。FW柳沢が戻りながらシュート、GKシュワルツァーがキャッチ。
後半32分、MFアロイージがで警告。
後半34分、ジーコ監督は、FW13柳沢に代えてMF18小野を投入。
後半38分、ゴール前約25m中央左からのFK、FWキューウェルがシュートと見せかけ、FWアロイージが低い弾道のシュート、GK川口がセーブ。
後半39分、左サイドからロングスロー、GK川口が飛び出すが触れず、FWケネディがヘディングでゴール前に流す。
MFキューウェルがMF駒野と競り合い、こぼれたボールをMFケーヒルがシュート、ゴール!
オーストラリア、同点ゴールとなる。
後半43分、右サイドからMF駒野がクロス、跳ね返されるが再びパス、中央からMF福西が切り込んでシュート、ゴール右に外れる。
後半44分、日本のクリアボールをPエリア手前で拾いFWアロイージがパス、MFケーヒルがフリーで右足シュート、ゴールバーをたたくシュートでゴール!
オーストラリアが2-1と逆転
後半ロスタイム表示、3分。
後半46分、ジーコ監督は、DF2茂庭に代えてFW16大黒を投入。
後半47分、FWアロイージがPエリア手前でMF駒野をかわし、ゴール右へシュート、GK川口の伸ばす手も届かずゴール!
オーストラリアが3-1となり、試合を決定付ける。
試合終了、オーストラリアが3-1で勝利。



フース・ヒディンク
1946年8月11日、オランダ生まれ。
オランダのPSVなどでMFとしてプレーしたが、実績はなく指導者の道へ。
1987年にPSV監督に就任、1988年国内のリーグとカップ、欧州CLの3冠に導く。
フェネルバチェ、バレンシア、レアル・マドリーも率いた。
1995年にオランダ代表監督となり、1998年W杯フランス大会ではオランダを4位に導く。
2002年W杯日韓大会では、韓国を4位に導く。
2005年コンフェデレーションズ杯に3連敗したオーストラリアのファリナ監督の後任として、2005年7月にPSVと兼任という形でオーストラリア監督就任。
2006年W杯ドイツ大会出場にオーストラリアを導く。

ヒディングマジック「魔の6分」が、グループF日本に大きなダメージを与えた。

欧州クラブに数多く在籍する選手がいるオーストラリア。
ミドルスブラ(ENG)のFWマーク・ビドゥカ、リバプール(ENG)のFWハリー・キューウェルに目が行くが、他の選手もかなりの力を持っている。
パルマ(ITA)のMFマルコ・ブレシアーノも交代になるまでの間、かなり良いプレーをしていた。
プレミアリーグ最高の攻撃的MFの一人とも言われことがあるエバートン(ENG)所属のMFティム・ケーヒル。
サモア人の母を持つMFケーヒルは、この日本戦でサモアパワーを出し後半39分に同点ゴール、後半44分に逆転ゴール。
長身192cmのFWケネディや188cmのFWビドゥカを気にする日本の隙を突いたゴールだった。
スペインリーグのアラベス(ESP)所属のFWジョン・アロイージも忘れてはならない。
2006年ドイツワールドカップ出場権を賭けたウルグアイとのプレーオフ戦。
FWアロイージが決めたPKによってオーストラリアは32年ぶりの本大会を果たした。
そのFWアロイージがこの日本戦で駄目押しの3点目を決めた。

それにしてもフース・ヒディンクの采配は凄い。
日本に得点されたあと、後半8分MFケーヒル、後半16分FWケネディ、後半30分FWアロイージと選手交代し、その彼らが活躍した試合だった。
積極的に選手交代するヒディング監督、我慢強く待って選手交代するジーコ監督、どちらが良いのかはいろいろ意見があるがこの試合ではヒディング監督に分があった。

「われわれは日本のMFを研究して勝つことが鍵だった。ラッキーだったのは確か。しかし、運を手繰り寄せるには、何かを実行しなければならない。 計画があり、実行してこその運。実行したから運がついてきた。」と、オーストラリア代表ヒディンク監督。
引用(スポーツナビ)

強烈な印象を残したオーストラリア。
日本選手、現地で応援するファン、遠く離れた日本で観戦するファンを黙らせる様な逆転劇・・・。
前半開始からオーストラリアに攻められる日本。
相手にボールを持たせて攻めさせ、カウンターぽい戦術?で試合を進める。
これが戦術なのかは分からないが、もし攻めさせているだけならそれなりに出来ていたと思う。
MFキューウェルに、あまり仕事をさせなかったのは良かった。
しかし、はっきり言って日本は最低の試合運びだった。
やはり日本がボールキープしてオーストラリア選手を疲れさせる展開をしなければ・・・。
MF中村のラッキーなゴールも、どう見てもFW高原のファールにしか見えないが・・・。
日本のシュート数が合計6本(前半2、後半4)に対して、オーストラリアは合計20本(前半7、後半13)。
ボール支配率48%に対し、52%。
GK川口の素晴らしいスパーセーブが数多く見られたが、Gkが活躍する場面が見られる時は、当たり前だが攻められる場面が多いということ。
いかに相手のシュートをDF陣が抑えるのか修正が必要だ。
前半1点リードしながら、後半の同点、そして逆転。
大会前のドイツ戦の引き分けでの最後の2失点を思い出してしまった。
リードを守る中からの失点がまたも出てしまった試合。
それにしても3失点は痛い、後々得失点差に影響が・・・。
この試合の敗戦で、次のクロアチア戦は絶対に勝利しなければならないことになった。
1998年フランス大会の3戦3敗にならなければ良いが・・・。

2006ワールドカップ グループF


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧

こんばんは。
PBで応援しながら、腰砕けました。
本当にカウンターぽい戦術でしたよね(^^;
攻めさせてカウンターなんて余裕は無かったように見えます。必死で耐えるだけ。
グループリーグ敗退してもオーストラリアだけは叩いてほしかったんだけど、これで、アジアちょろいと思われるじゃないですか!
Posted by カヌ at 2006年06月13日 22:28

オレンジ14さん、こんばんは!
久しぶりにトラバさせていただきましたnmfです。
寝不足が続きますが、楽しい毎日ですね♪
日本代表、もう終わった感いっぱいですが、中長期的にも"次に繋がる"結果を残せる大会にして欲しいです。
Posted by nmf at 2006年06月13日 22:40

>カヌさん
ほんとにそうですね。
「必死で耐えるだけ」この試合内容にピッタリの言葉!
「サムライブルー」の言葉が虚しく聞こえる内容でした。
こうなったら、今後のアジア枠のことを考えてオーストラリアを応援しようかな。(笑)

>nmfさん
お久しぶりです。
もう日本代表はクロアチア戦で勝つしかなくなりました!
今後の予想も必要ありません!
ジーコジャパンの4年間の結果をちゃんと出して欲しい!(もう出ている気もするけど)
Posted by オレンジ14 at 2006年06月14日 00:43
トラックバック
この記事へのTrackBack URL


※トラックバックをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※トラックバックは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いTB、TBスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
トラックバック一覧

F組「オーストラリアvs日本」 2006.06.12.
Weblog: the borderland  at 2006年06月13日 22:16

オーストラリア戦から一夜明けて
Weblog: nmf日記 at 2006年06月13日 22:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。