2005/2006欧州CL 決勝T 準々決勝(ベスト8)の組み合わせ決定

2005/2006欧州CL 決勝T 準々決勝(ベスト8)の組み合わせ決定

フランスのパリで、2005/2006欧州CL 決勝T 準々決勝(ベスト8)の組み合わせ抽選会が行われた。
この抽選会前に、今大会から使用される新しいチャンピオンズ・カップのセレモニーがパリ市庁舎で行われた。
1956年に初代チャンピオンのレアル・マドリーの元選手フランシスコ・ヘント氏が、過去50大会の優勝チーム名が刻まれている新トロフィーを公開。

フランシスコ・ヘント(Francisco Gent)
国籍はスペインで、1953年〜1971年までレアル・マドリーに在籍。
ポジションは、FW(左ウィング)。
第 1回大会1955/1956シーズンから第 5回大会1959/1960シーズンまでと、第11回大会1965/1966シーズンの 6度の優勝に貢献した。

過去 6度の優勝経験した唯一のプレーヤーであるヘント氏の公開後、昨シーズン古いカップを掲げた最後の主将、リバプールFCのスティーブン・ジェラードが加わり恒例になっている優勝杯の返還が行われた。
前年度優勝クラブは通常チャンピオンズ・カップを返還し、その優勝カップは開催都市で決勝まで展示される。
昨季の決勝でACミランを下し通算5回目の優勝を飾ったリバプールは、優勝カップを保有する権利を獲得した。


2005/2006欧州CL 決勝T 準々決勝以降の抽選会が、決勝開催都市で行われたのは欧州CLの歴史をみて初めての出来事だった。
AFCアヤックス×インテル・ミラノ戦での勝者がまだ決定していないが、決勝T 準々決勝出場参加の 9チームが見守る中、抽選会がパリ市庁舎で行われた。
組み合わせ抽選をしたのは、元フランス代表DFで1998年ワールドカップ優勝メンバーのローラン・ブラン氏。
抽選には、シード制度は採用されない。


2005-2006欧州CL 決勝T 準々決勝(ベスト8)の組み合わせ
ホーム※ 試合日程 アウエー
アーセナルFC
(イングランド)
1nd.leg
3/28
2nd.leg
4/5
ユベントス
(イタリア)
SLベンフィカ
(ポルトガル)
1nd.leg
3/28
2nd.leg
4/5
FCバルセロナ
(スペイン)
オリンピック・リヨン
(フランス)
1nd.leg
3/29
2nd.leg
4/4
ACミラン
(イタリア)
AFCアヤックス×インテル・ミラノ
(オランダ×イタリア)
1nd.leg
3/29
2nd.leg
4/4
ビジャレアルCF
(スペイン)
※第 1戦目がホームのチーム。

国内リーグ 4連覇中のリヨン(フランス)は、昨季準優勝のACミラン(イタリア)と対戦。
SLベンフィカ(ポルトガル)は、14年ぶり 2度目の欧州制覇を狙うFCバルセロナ(スペイン)と対戦。
オランダ人監督対決はどうなる?
初優勝を目指すアーセナルFC(イングランド)は、10年ぶりの優勝を目指すユベントス(イタリア)と対戦。
アーセナルは、以前在籍していたMFビエイラをどう止めるのか・・・。
ついでにベルカンプ引退前にプレゼントを!
初出場のビジャレアルCF(スペイン)は、3/14日に行われるインテル・ミラノ(イタリア)×AFCアヤックス(オランダ)の勝者と対戦。

準々決勝は、第 1戦が 3月28、29日に、第 2戦が 4月 4、5日に行われる。
また準々決勝以降の日程も決まった。
とりあえず下の表の日付は(仮)。


オリンピック・リヨン
(フランス)
     
決勝(5/17)
france パリ
スタッド・ドゥ・フランス


優勝チームは?


      アーセナルFC
(イングランド)
1nd.leg
3/29
1nd.leg
3/28
ACミラン
(イタリア)
2nd.leg
4/4
1nd.leg
4/18
1nd.leg
4/18
2nd.leg
4/5
ユベントス
イタリア
   
SLベンフィカ
(ポルトガル)
  2nd.leg
4/25
    2nd.leg
4/25
  AFCアヤックス×インテル・ミラノ
(オランダ×イタリア)
1nd.leg
3/28
1nd.leg
3/29
FCバルセロナ
(スペイン)
2nd.leg
4/5
    2nd.leg
4/4
ビジャレアルCF
(スペイン)
   


レキップ紙の編集者でフランス人のガブリエル・アノーによって提唱された「欧州チャンピオンズカップ」。
第 1回大会1955/1956シーズン決勝は、1956年 6月13日フランス・パリのパルク・デ・プランスで行われた。
大会設立時、彼は67歳でそれから12年後に亡くなった。
当時の人々は、この大会がこれほど素晴らしい大会になるとは思っていなかっただろう・・・。
しかしワールドカップと並ぶ、それ以上かもしれない魅力的な大会となった。
そして今シーズンから新トロフィーとなり決勝開催都市フランス・パリのスタッド・ドゥ・フランスでの決勝が行われる、2005/2006欧州チャンピオンズリーグ
残るは 8チーム。(アヤックス×インテルはどっち?)
記念すべき決勝で、試合終了後の紙吹雪を笑顔で見上げるチームはどこになるのか・・・。


コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※コメントをしてもすぐには表示されません。
ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※コメントは、当該記事へお願いします。
記事と関係の無いコメント、コメントスパムと判断した場合、削除させてもらいます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
コメント一覧
トラックバック
トラックバック一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。